夢のマイホームを建てるための決断|ドリームプロジェクト

住宅設計のトレンド

注文住宅の建設における価格の傾向について

注文住宅における費用にはトレンドがあり傾向があります。職人による手作業によるオーダーメイドということもあり、その費用は高くて当たり前といった印象があるものです。それ故に、欲しくても叶わないと諦める人は数多かったわけですが、そのような人達にも注文住宅を提供できるようにと、現在はコストを抑えたものが普及しています。 ハウスメーカーが手掛ける注文住宅は、ある程度の規格化による自由度の制限はあるものの、手頃な費用で希望する間取りや内装、設備や内装を備えた住まいを手に入れることができるわけです。このコスト削減による注文住宅の低価格化は今後さらに進むと考えられています。そしてさらに、より多くの人に提供できるような建材や設備を格安で仕入れる工夫がなされるわけです。

好みの設計による住宅建設の歴史とは

注文住宅には歴史があり、低コスト化に続く変遷があります。そもそもは高度成長期において、大量の集合住宅が建設される一方で住みやすさにこだわる注文住宅も普及していったものです。けれども、土地の価格も上がり建設費も増加し、手を出せる人は少なくなってきたものです。けれども近年、世界的なエネルギー不足を懸念するものと、二酸化炭素排出を抑える動きから自然環境に優しい家の普及が急がれています。 その背景を受けて、現在多くのハウスメーカーがコストを抑える努力を重ねて、ローコスト住宅による注文住宅の需要を増やし続けています。自然エネルギーをいかに取り込むのか、活用するのかを設備の設置や設計によって標準的に備える家造りが進められているのです。