夢のマイホームを建てるための決断|ドリームプロジェクト

住宅の購入

消費増税時にをつけること

税金が上がる前には住宅を購入する動きがあります。実際にデータとしても現れていて2014年の4月の消費増税前には注文住宅に関しても駆け込み需要がありました。これは2014年の3月末までに住宅を引き渡している場合はもちろん改正前の税率で費用を支払います。更に2014年4月以降の引き渡し物件でも建物の請負契約を2013年の9月末、増税の6か月前までに行っている物件に関しては改正前の税率が適用されるのです。これは今後の増税の際にも利用される仕組みであるとされています。増税前の3月末までの引き渡しを希望する人が集中し会社の中には一時的に人員が不足した会社もあります。そうすると突貫工事や手抜き工事の可能性も非常に高くなります。一概に増税前に駆け込みで住宅購入するということがトータル的に見てよい選択といえない場合もあるのです。

下請け業者のからくり

注文住宅を提供しているハウスメーカーの多くは自社で職人を持たず施工は下請け業者などの外部業者に任せている場合がほとんどです。こうした下請け業者の職人や会社の中には複数のハウスメーカーの仕事を請け負っている会社も少なくありません。一つの注文住宅を完成させるのに基礎工事、大工工事、電気工事、屋根工事など様々な工事が必要になります。多くの場合これらの工事はすべて別の業者が施工を行いトータルするといえ一つを完成させるのに数十社の関係業者が出入りします。そういったそれぞれの業者がほかの注文住宅メーカーの仕事も請け負っている場合も多いのです。職人と話をすることでより内部からの情報を仕入れることができます。それぞれの仕様にメリットやデメリットがある場合も多くこういった特徴が教えてもらえるほかメンテナンスの方法などを聞くことができるかもしれないのです。